できさせちゃった結婚


ゼミというだけあって、
自分たちで資料を作り、それについて議論を交わすのだけれど、
私たちの教授はとてもおっかなくて有名で、いつもその資料を添削してはやり直しをさせられるほど。


そりゃあ、就職時にも強いわけだ。
何せ他のゼミ生よりも寒冷な環境で育てられてる。
資料作りも相当レベルの高いものだ。



その教授を受ける人は専ら少ないけれど。


だから、さっきの女の子2人を含め、
私と由紀と朱理の5人だけで成り立っている。



「ねぇ、朱理今夜さ家泊めてくれない?」


唐突に由紀が口を開く。
泊めることに何の抵抗もないし、むしろ何度かお泊まり会をしてるから、別に不思議じゃなかったけど、
なぜか今日は朱理と目が合う。

並々ならぬ由紀の雰囲気を悟る私たちの。



「いいけど、なんかあったの?」



「彼氏が浮気してたの!!!」


よくぞ聞いてくれた!と言わんばかりに急に声を荒げる由紀が、
あんなやつ嫌い!!!
って持っていたカバンをいきおいよくと机の上に投げ置く程、今回はひどいらしい。
みんなして体がビクついた。
それでも女子大。
みんなが食いつく話題でもある。



「ちょっと!由紀!何で浮気されたってわかったの?」


さっきの、気になる会話をしていた友達の天野さんが由紀に駆け寄る。


こういう下世話な話が大好きな女の子だ。
人のことをすぐに嫌ったりするけど、陰で言うんじゃなくて直接言うからとてもかっこいいし尊敬できる。
ちょっと怖いけど。



0
  • しおりをはさむ
  • 587
  • 770
/ 271ページ
このページを編集する