残虐姫と暴走族の姫

start story

「や、やめてくれ。」




『カイサン、スルヨネ? キエルヨネ?』





「わっわかった。解散する。消える。だから…」









ドゴッ





『アーァ、マタヨゴレタ。』












『ツギハ、ヒガシノno,1』







その夜、一つの族が、一人の少女によって、ツブサレタ

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 5
/ 56ページ
このページを編集する