眉月に雲はかかり

前編

古来、月のような眉は美人の条件とされた。それを取って、三日月のことを眉月と言うようになったという。


あれから、どのくらいの時間が経ったのか。わからずに、つい眠ってしまったらしい。
女こと楊玉環は三日月のような眉をしかめながら、目を開けた。何故、自分はこのような所にいるのだろう。雲の中、仙女として暮らし始めてから幾年も経った。
それなのに、過去の事はついこの間の事のように蘇ってくる。
また、玉環は瞼を閉じた。


あれは幼い少女の頃の事だった。自分には二つ年上の義理の姉がいた。名を柚杏(ゆあん)といって、色が白く背の高いすらりとした少女である。
柚杏が玉環こと幼名を琉安(るあん)のいた家にやってきた。その当時、柚杏は八歳で琉安が六歳の春の事であった。
「…琉安、この子はわけあって親戚のおうちから引き取ってきたの。名を柚杏というから、仲良くしてあげてね」
母が笑いながら紹介をしたが、琉安は気に入らずに柚杏を見てそっぽを向いた。面白くなかったからだ。
「…仲良くできる訳ないわ。その子、貰われっこなんでしょう。みんなから、可愛がられたくて養女にでもなったの?」
琉安は睨みながら六歳児とは思えない発言をしてみせる。途端に母は眉をつり上げた。
「琉安!失礼な事を言うもんじゃありません。柚杏はご両親を亡くしたから、うちが引き取ったの。可愛がられたくて引き取られるような子がいますか」
「だって、わからないじゃない。もしかして、柚杏さんは売られたんじゃないの?」
琉安がひねくれて言った時だった。
いきなり、ばちんと乾いた音が鳴った。そして、自分の頬に感じるひりひりとした痛みに琉安は驚いた。そう、平手打ちをされたのだ。
目の前には眉をつり上げてこちらを睨む柚杏の姿があった。
「…あなた、いい度胸をしているわね。あたしの事を貰われっこと言ったり、人買いに売られたと言ってみせたり。どんな考え方をしていたら、そんなことが口から出るのかしらね」
声は冷たく低いものだった。琉安は自分が殴られた事に呆然としていたが。
けど、柚杏を怒らせたらしいことはわかった。すると、母はおろおろとしながらも二人をなだめようとする。
「ま、まあまあ。二人とも、落ち着きなさいな。柚杏ちゃん、うちの娘がひどいこと言ってごめんなさいね。普段は琉安もこんな事はいわないのだけど」
「いえ、かまいません。気にしていませんから」
柚杏は淡々とした様子で言う。
それを聞いた時、琉安はまなじりに涙が浮かぶのを感じた。 そして、しばらくは大泣きをして柚杏なんか大嫌いと叫びながら、母に縋ったのであった。
それを冷ややかな目で柚杏が見ていたのは未だに忘れられなかった。


あれから、数日が経った。琉安は柚杏を避けてばかりいた。

0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 25
/ 8ページ
このページを編集する