眉月に雲はかかり

中編

あれから、琉安は柚杏の部屋に遊びに行くようになった。話をしたり、外に出て遊んだりする。
そんな時、柚杏は「内緒だよ」といって隠れ鬼や氷鬼など唐の国にはない遊びを教えてくれた。それが琉安には驚きの連続ではあったが。時には唐の国に伝わる遊びもする時はあった。
柚杏は珍しがりながらもおもしろいと言って真似をする。琉安は柚杏の時折、しゃべる言葉に彼女は遠い所から来たのだと薄々、感じ取っていた。そうして、時間は流れていった。


柚杏が十三歳になった年の事だった。琉安はこの時、十一歳になっている。
初めて会った時から、五年が経っていた。
柚杏と琉安の二人は両親に呼び出された。
「…何があったんだろうね。父様と母様が私たちを呼び出すなんて珍しいわ」
琉安が言うと柚杏はそうねと相づちを打ちながら、廊下を早歩きで進む。それを追いかけながら、琉安はもやもやとした気持ちを抑えきれないでいた。
そして、二人は両親のいる部屋にたどり着いた。柚杏が声をかけると中から返事が聞こえた。
「…では、入ります。父様、母様」
柚杏が言うと琉安も後に続く。
中では両親が椅子に座った状態で待っていたらしかった。どうしたのだろうと思いながらも両親に近づいた。
「ああ、柚杏。それに琉安も。よく来た。そちらに掛けなさい」
指さされた椅子に二人は座る。席に着いたのを確認した父はおもむろに話を切り出した。
「その、柚杏。琉安にもとある方との縁談がきてね。柚杏も年頃になったから、ちょうどいいと思ったのだ」
縁談と聞いて柚杏は目を大きく見開いた。琉安も驚きのあまり、二の句が告げない。
「…父様。わたしに縁談とは。その、どなたがお相手なのでしょうか?」
柚杏がおずおずとしながらも尋ねる。
「…現皇帝陛下のご子息の寿王様だよ。まあ、第十八公子の方だから。皇太子には遠くはあるが。でも、文武両道の才気溢れたお方でね。性格も真面目で温厚でいらっしゃる。柚杏のお相手としては良いお方だと思うんだが」
「…そうよ。公子様の女官になれたら、うまくいけば。お妃の位も夢じゃないわ」
母までがそう言い募ったが。柚杏は芳しい返事をしない。
「…わかりました。父様と母様のおっしゃる通りにします」
柚杏はやっと、返事をした。だが、表情は曇ったままだ。
琉安はそれを見ながらも両親に視線を向ける。
「…母様。あたしも姉様に付いて行ってもいい?」
「何を言い出すかと思えば。柚杏に付いて行くのはね。お前には無理よ」
母はあっさりと琉安の提案を退けた。
父も苦い表情をしている。
「何で?姉様にあたしが付いて行けば、その方がいいじゃない」
「とにかく、駄目なものは駄目よ。柚杏の足を引っ張るに決まっているわ。それに、寿王様に失礼な事をされてもこちらが困るもの」
母が言い募れば、琉安も眉をつり上げる。
「…そんなこと言ったって、わからないじゃない。母様の分からず屋!」
「琉安。あきらめなさい。母様の言う通りだ」
父が琉安に厳しい表情で告げる。琉安はうなだれて黙るしかなかった。

0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 25
/ 8ページ
このページを編集する