眉月に雲はかかり

後編

琉安は後宮に入る日を心待ちにしていた。後宮は華やかで皆の憧れの場所だと聞いている。そこに早く行ければいいのにと願ってしまう。
だが、義姉の柚杏は不安そうにしている。馬車の中にいても宿屋の中にいてもその表情は曇りがちで晴れる事がない。どうしたかのかと尋ねてもはぐらかされてしまうので琉安はすっきりする事のない気持ちを抱えてしまうことになる。
そうやってする内にとうとう、長安にたどり着いた。
長安はたくさんの人で賑わい、石造りの家などの町並みが印象に残る。琉安は物見用の窓からそれを見ていた。
「…うわあ、すごいわ。ねえ、あの人なんか顔の彫りが深いわよ。髪が茶色で瞳は青いのね」
「…たぶん、その人は胡人だわ。遠い異国から来たのよ」
姉の柚杏が小声で教えてくれる。琉安は少し離れたところで歩く男性をじっと見つめていた。
だが、馬車の方が進むのは速いため、すぐに見えなくなった。それを名残惜しく思いながら、琉安は窓を閉めた。



その後、一行は後宮の門の前にたどり着いた。琉安が先に下りて、柚杏が出てくるのを手伝う。
二人の侍女達も続いて下りる。その間、御者役の家人や護衛役の者達も待ちながら、周囲への注意を怠らない。門は開かれており、中の様子がよく見える。
「はぐれないようにしてよ。ただでさえ、琉安は落ち着きがないんだから。後、これから、女官の試験があるの。頑張ってよ」
柚杏はしかめっ面で言いながら自身は中へと入っていく。侍女達と琉安は奥には入らず、柚杏だけが先を進んでいった。
彼女の姿が見えなくなると侍女達と一緒に試験会場に急いだ。
門から少し入った所に会場はあった。試験官らしき女性が佇んでおり、周りにはたくさんの若い娘達が整列していた。
それに圧倒されながらも琉安はその列の中に入り込む。侍女達も同じようにしている。
「では、これから女官の入門試験を行います。まずは、礼儀作法から始めて次に舞踊、武芸となります。最後に筆記試験が入ります。これらに及第する事ができれば、めでたく後宮の女官になれますから。皆さん、心してかかってください」
娘達は一斉に返事をした。
琉安は自然と背筋が伸びる思いがした。こうして、入門試験が始まった。


礼儀作法から始めて、これで二十人ほどが落第となる。舞踊も三十人が落第して武芸では四十人となった。筆記試験で残ることができたのは二百人中、百十人ほどに減ってしまっていた。
琉安は幸いにも残ることができた。付いてきていた侍女達もちゃんとこの中に入っている。
柚杏がちゃんと寿王様の元に行けたか気になる。だが、それを確かめる術はない。
琉安は我慢して、試験を受けたのであった。
そして、あれから、早くも二日が経った。柚杏に会えないまま、時間だけが過ぎていく。
(姉様、大丈夫かな。寿王様に会えてたら良いのだけど)
心配をしながらも与えられた床の拭き掃除、つまりは仕事をこなす。黙々と廊下を拭き清めて琉安は立ち上がって汚れた手巾を盥の中の水に浸す。ざっと洗って、水気を絞る。
もう一度、拭き忘れた所がないか確かめて、ないとわかると盥を持って井戸に向かった。
一番下っ端の女官の仕事をやらせて雑務をどれだけこなせるか、見定めるために今みたいな状態になっていた。琉安はその後も掃き掃除などもてきぱきこなして、試験に及第したのであった。
見事、皇帝子息の寿王の妃付きの女官として認められたのであった。

0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 25
/ 8ページ
このページを編集する