――恋心綴りますのレビュー

素敵な要素を持った作品、でも読者視点での考慮も。

投稿者: ろぃmax 2012-09-30 12:33

二人の恋が初々しくて、自分の初恋を思い出させてくれるような気持ちにさせてくれました。

けれど、よくストーリーを見失ってしまう事がありました。
二人の付き合い始めがあまり明確にされていなかったり、3年後の約束がよくわからなかったり、喧嘩の時…等。

当事者達がこの作品を読めば伝わる内容にはなっているようですが、読者から見ればよくわからないままに話が進んでいるように感じます。
恐らく、実話という事ですので、作者様の中でのイメージが明確過ぎて、読者側の視点に立って作品を見つめる事ができていないのではと思います。
小説というよりか、思い出話を聞いている感じになってしまっています。

『実話』ですが、作者様は『小説』を書いているんです。
知り合いに話をしているのではなく、不特定多数の知らない人達に自分の『物語』を読まれているのです。状況の説明も大切ですが、恋している時の楽しさ、苦しさ、デートで彼の事を待つ間の気持ち、初めて見た彼の印象…素敵な気持ちがたくさんありますよね?
その気持ちをもっと生きているかのように文に表して欲しかったです。