一ノ瀬さん家の家庭事情。【完】

home:9

「では、学祭実行委員は久住優大君と一ノ瀬愛さんに決まりました!」

学級委員の渡辺君が言うと、周りからパラパラと拍手が起こる。

あたしの口は呆然と開いている。

「ちっ…何で俺が。めんどくせえ…」

隣では忌々しそうに舌打ちをかます、超絶不機嫌な久住君。

一体なぜこうなったかは、十五分前に遡る。

「では、これから学祭実行委員を男女二名決めたいと思います。やりたい人、立候補してください。」

教卓にたって、みんなを見回す学級委員の渡辺君。

メガネをかけていて真面目そうな彼はほぼ学級委員を押し付けられたと言ってもいい。

このクラス、委員会とかに積極的に立候補したりする人、あまりいないんだよね。

案の定誰も手を挙げないし…

「ちなみにもうすでに委員会に入っている人は免除されます。」

うげ!

こんなことならなにか楽そうな委員会に入っとけばよかった!

浅丘君は確か体育委員会に入ってたよね?

  • しおりをはさむ
  • 86
  • 236
/ 392ページ
このページを編集する