一ノ瀬さん家の家庭事情。【完】

home:24

神崎朔先生、あたしのおじさんにあたる人と出会ってから二週間、今日は初めて先生の家に行くことに。

りっちゃんに事情を話すと珍しくすぐにオッケーしてくれた。

朝、家まで車で迎えに来てくれた先生。

私服姿は初めて見たけど、やっぱりカッコイイ。

先生が学校にやってきてまだほんの少し仕方ってないのに噂ではすでにファンクラブなんかも発足しているんだとか。

それに教え方もすごく上手で、あたしはどうにかこうにか補習のおかげで追試では良い点がとれてめでたく合格。

葉ちゃんも今までで一番いい点取れたって言ってたし。

「今日行くのは俺の実家なんだ。俺の父親は今一人で暮らしてる。」

そうなんだ、ということは、先生も今は一人暮らしってこと?

「俺も久々に帰るんだ。」

そっか…一人暮らしってどんな感じなんだろう。

あたしの家は結構な人数の人が毎日騒がしいから、想像つかないや。

  • しおりをはさむ
  • 86
  • 236
/ 392ページ
このページを編集する