続・そして言う、『家族をやめよう』と。 【完結】



「……優菜、」

「ん?」

「…もうちょっと余裕持って、告白したかった。」

「ふふ。」

「笑い事じゃないよ。」

「私は嬉しいよ?」

「何が?」

「余裕ない澄くんなんて、見られないもん。」




優菜は、にこっと笑う。

俺は優菜に手を伸ばす。

あの頃届かなかった手は、優菜の頬を滑る。

赤くなる優菜に、囁くように零す。




「……優菜も余裕ないよね、俺の前で。」

「………っ」

「可愛い。」




呟いて優菜に顔を寄せていく。

最近和貴化したなあ。と少し苦笑しながら。



0
  • しおりをはさむ
  • 417
  • 19058
/ 325ページ
このページを編集する