天照 ~あまてらす~



『ひま…ひま……ひまひまっ』

「凛?」

『ん?』

「"ひま"って、俺といるのに暇?」

『……楓』

「久しぶりに帰って来たのに?嬉しくない?」

『…………』




ついぼやいてしまったことに寂しそうに言われて、




「週末も、今日も、」



「あいつのせい?」

『…………』




後ろから抱きしめられていた腕に、力がこめられた。



  • しおりをはさむ
  • 120
  • 2025
/ 279ページ
このページを編集する