幼なじみⅡ―《完結》―

●サッカー● /-遥side-


―――――――――――――――
――――――――――――

「どう?拓也、ちゃんとしてた?」

由香理ちゃんが車に乗るなりそう聞いてくるので、やっぱり心配なんだなと思い、微笑む。

普段は、「居ない方が楽よ~!」なんて言っていても、寂しいんだろうな。


性格上、巧は私も心配してないけど、拓也は心配だったりする。

「うん!それがね、部屋も綺麗なままだったし!私の部屋より奇麗だったからびっくりしちゃって」

「篤も、几帳面なんだよね。そこはやっぱ似てるのかもね」

どちらかというと由香理ちゃんは大雑把な性格なので、そうかも、と思う。


「掃除は遥も苦手だよね~!たまに帰ってきたら、拓也に部屋の掃除させるといいかもよ?」

「そうだね!」

勿論冗談だけど笑いながらそう返す。

「でもね、料理は苦手みたいだよ!巧は器用なのにね!」
「そうなんだ、あいつらしいね」

由香理ちゃんがそう言って、ちょっと沈黙になった。

  • しおりをはさむ
  • 182
  • 177
/ 328ページ
このページを編集する