◇《詩集》3・11

消えちゃいそうな優しさ

石のようにだまって

隣で手をにぎるだけ

落としものを机にそっとのせておく、だけ

自分が可愛いワタシの
消えちゃいそうな、その優しさ

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 14ページ
このページを編集する