◇《詩集》3・11

悪夢

嘘、と思うつど
どれだけ本当か知り

どうしてと問うたびに
嘆きは深く。

目を閉じれば
耳が
きこえない幻をひろう

これが現実だと知らしめる

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 14ページ
このページを編集する