◇《詩集》3・11

ないんだ。

ないんだ


めくってもめくっても
なにもない

はなししててもなにも
かんじない

ぼくのなまえのはずなのに
どこかのだれかのことみたい

ぼくはどこにいるのかな。

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 14ページ
このページを編集する