おおせのままに、女王様

章タイトル未設定


数ヶ月前に移動できたわたし、渡井まいの。
彼女の王国と化したこの中で、度々頭に浮かぶのは。

━━━━ハイハイ、仰せのままに女王サマ


不機嫌な貌で指示を飛ばしお客様や別の部署の人と話す直前から話し終わって相手がいなくなるまでの数分のみ、愛想のよい彼女。



異動してやっと仕事がわかってきたのに、毎日あたしは戸惑っている。彼女のその表情の変わりっぷりに、ご機嫌具合や今の内心はどうなのかなってさ。

「この人、今ものすごく不機嫌なのかな?」
「あたしのこと嫌?話しかけても今いいのかな?」
なんて、指示を仰ぐための質問がしにくいのは何も前にいないとき不機嫌そうだから。

ルーチンワーク。
確かに終わればいいけれど。
その言葉にすべて理屈が通っているか、といえばそうではないみたい。

「これは、こうするってmmmさん言っていたので」
「これ、おいといたらほこりかぶるしさ」
後ろにそれを彼女に言った人のそのままの考え方。

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 13ページ
このページを編集する