冷たい舌 下

あゆみん(菱沼あゆ)
SF・ファンタジー 244ページ(完結) 47426字 更新日 2015/11/27 読者 36060人 公開 0 0

 青龍神社の娘、透子は、生まれ落ちたその瞬間から、『龍神の巫女』と定められた娘。



 だが、龍神など信じない母、潤子(じゅんこ)の陰謀で見合いをする羽目になる。

 潤子が、働きもせず、愛車のランボルギーニ カウンタックを乗り回す娘に不安を覚えていたからだ。

 その見合いを、透子の幼なじみの龍造寺の双子、和尚(かずひさ)と忠尚(ただひさ)が妨害しようとするが。

 透子には見合いよりも気にかかっていることがあった。それは、何処までも自分を追いかけてくる、あの紅い月―

 完結しました。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 473
  • 69
このページを編集する