いつか、あなたに恋をする――

 斗真の声に似ていたからだ。

 だが、そこには誰もおらず、真生は、

「肝心なときには現れないんだから」
と愚痴りながら、ドアを開けた。




0
  • しおりをはさむ
  • 240
  • 69
/ 377ページ
このページを編集する