いつか、あなたに恋をする――

 



 真生がドアを開けた瞬間、あの兵士と同じ、ぷんと鼻を突く黴臭いような匂いがした。

 やはり、締め切っているからかな、と思ったのだが、何処からか風を感じた。

 地下室の淀んだ空気ではない。

 澄んだ心地よい、夜の風のような。

 だが、そこには違う匂いが混ざっていた。

 よく嗅ぐ匂いだ。

「……血の匂い」

 生々しい感じではなく、長く染み付いているような血の匂いだ。

 真生が立っていたのは、見覚えのない古い廊下だった。

 木造の校舎のようにも見える建物だが、何故か行き止まりが焼け落ちている。

 その長い廊下の両脇の部屋の扉はあったりなかったりして、半ば廃墟のような感じだった。

0
  • しおりをはさむ
  • 239
  • 69
/ 377ページ
このページを編集する