いつか、あなたに恋をする――





 今日は創立記念祭だ。

 戦時中の楽譜が見つかり、それをパイプオルガンで弾くということで、かなりの人が礼拝堂に集まっていた。

 お偉いさんたちも来ているし、もちろん、八咫理事長も居る。

 元気なことだ。

 一音も間違うことなく弾いた真生を八咫は目を細め、ねぎらった。

「今日がコンクールなら、椅子が壊れなくても優勝できそうだったぞ、真生」

 はいはい、と適当に返事をしたので、坂部が目をむいて怒ったが、八咫は満足そうだった。

 たいそう健康に気をつけているらしい八咫の話を聞きながら、もう明日にでも死んでいい感じだったのに、変われば変わるもんだな、と真生は変に感心していた。

0
  • しおりをはさむ
  • 259
  • 71
/ 377ページ
このページを編集する