PURPLE Ⅰ【完】

第3章 /Caduceus Ⅲ  2階

アオの説明では、2階はチームの限られた人間が利用できるらしい。


それは人の自尊心をくすぐるには申し分ない設定のように思え


その他大勢の中から選ばれたという悦に入った状態の彼らは、アオと隼を裏切るようなことはしないだろう。


崇拝に近い2人が下りてきて、欲情しているかのような男たちの熱い眼差しで酔いそうな空気が流れていた。


0
  • しおりをはさむ
  • 1331
  • 5744
/ 314ページ
このページを編集する