PURPLE Ⅰ【完】

ぶつかる視線 ──


見つめ合う彼に 


まだ残っている雪が柔らかな日の光を浴びキラキラと反射して。


だけど彼は、それとは対照的に漆黒の闇を纏い


辺りをジワリジワリ闇へと導く。


返事に間が空いたのが気に入らないのか少し眉根に皺を寄せる彼に気が付き。


「はい。よろしくお願いします」


そう返事をすると


「ああ」


彼は満足そうに頷いた。


0
  • しおりをはさむ
  • 1341
  • 5830
/ 314ページ
このページを編集する