PURPLE Ⅰ【完】

第1章 /告げられる

何かがあると思っていた。


お昼過ぎのメール。


─── 『今日は家に帰る』


仕事で帰れないとか、仕事で遅くなるからマンションに泊まるとか


いつもは帰れない連絡をする保(たもつ)さんが帰宅を知らせるメールを寄こす自体、腑に落ちなかった。







「見合いをする事になった」




0
  • しおりをはさむ
  • 1331
  • 5744
/ 314ページ
このページを編集する