PURPLE Ⅰ【完】

『吸血鬼に襲われる乙女の部屋』


天才コピーライターも唸らすキャッチコピーぴったりの部屋に、呆れを通りこし納得さえしてしまう。


真白いレースの天蓋付きベット……その大きすぎるベットには、純白のフリルのベットカバーがかけられ


ロッキングチェアーには特大のテディーベア―


年代物のライティングテーブルに置かれたキャンドル、うさぎのぬいぐるみ


ベランダに続く窓には青紫のビロードのカーテンがかけられ、陰鬱さを醸し出す。


そう、まるで貴族の部屋……


そう思考が行き着くと可笑しくなって笑いだす。


ロイの小さな独占欲に。


この部屋に入るたび、きっと貴族のようなロイを思い浮かべる。


彼の中で眠り、そして目が覚めた朝一番に思い出してほしい。


……そうメッセージを送っているかのようで。


子供の独占欲のようで微笑ましくもあり、由利さんからの『やはり替えましょうか?』の申し出も断っていた。


その後はコンシェルジュとの面通し、セキュリティーの説明を一通り終え、『明日迎えに来ますから』と由利さんは帰って行った。

0
  • しおりをはさむ
  • 1329
  • 5731
/ 314ページ
このページを編集する