愛の讃歌

空弥
恋愛 140ページ(連載中) 74664字 更新日 2019/10/13 読者 2681人 公開 0 0

夜な夜な、スナックに響く歌声は、『愛』を伝える



《いつか出会う、私を愛してくれる人よ》





彼女が歌うと、客は老若男女問わず、涙を零すとさえ言われる



そんな彼女の最愛の人は・・・



『汚ねぇ面してんな』





喉を鳴らして、低く甘い声で囁く若頭


彼は彼女の幼馴染だった


『その子じゃなくて私を見てよ』






彼女の心の声は、彼には届かない













♯たくさんのいいね、レビューをありがとうございます┏●

♯亀更新ですが、これからもよろしくお願いします┏●

♯レビュー書いてくださった方
・みとさん
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 48
  • 32
このページを編集する