あいつとバトル!【完】

第2話 仲間外れ

けれど、今までの生活が一転する時が訪れた。

「利緒。突然なんだけど、お父さんとお母さんね。離婚する事にしたの。」

「離婚!?」

この歳で両親が、離婚……

そんな事、全く考えてなかった。


「利緒は、ママと一緒に、来てくれるわよね。」

「えっ……」

ママと一緒に行くって事は、理事長の娘じゃなくなるって事?

「あの、ママ。」

「利緒。ママにはね、利緒しかいないのよ。」

そう言ってママは、私にすがった。

「分かった。」

「利緒?」

「行けばいいんでしょ、行けば。」

私は、自分の部屋に行って、荷物をカバンの中に詰めた。


洋服でパンパンのカバン。

そのファスナーを閉めようとして、虚しさに囚われた。

もう今まで通りじゃ、いけない。

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 774
/ 24ページ
このページを編集する