kissの後は制服に着替えて②【完】

再び一緒に

もうどうしたらいいのか分からず、ため息ばかりついていた。

「今日は一段と深いため息ですね。」

「横山先生……」

「仕事の事ですか?それとも、恋愛?」

横山先生に聞かれ、うっかり口を滑らせそうになった。

危ない、危ない。

「大丈夫です。ありがとうございます。」

「いえ。」

その時だった。

「恋愛の事だったら、よかったのになぁ。」

「えっ?」

横山先生は、ニコッと微笑んだ。

「喧嘩でもしたんですか?彼氏と。」

0
  • しおりをはさむ
  • 5
  • 785
/ 20ページ
このページを編集する