お女ヤン!!2【完】

★2 /苦いかき氷








試合は戦争だった。





あたしが与四郎さんの顔面にボールをクリーンヒットさせたせいで、その怪物を外野に放してしまったんだから。





こっからは凄かった。


思い出したくもない。


サバイバルだった。




外野からバシバシあたしめがけて攻撃してくる与四郎さんは、もはや保父さんじゃなかった。



スナイパーだった。




半べそになって避けるあたしに観客はかなり興奮してるようで。




もう限界だと感じていたら、たまたまそのとき比較的に威力の弱い千里のボールに自ら当てられにいった。



凪はガミガミ怒ったけど背に腹はかえられない。


標的がいなくなった与四郎さんはターゲットチェンジを始め、どんどん味方は減っていった。




千里は相変わらず性格の悪い玉。


ひなた君はすばしっこく避けて。



結局、最後に残った葵くんが千里に当てられてゲーム終了。




それはあたしが命の危機を回避できた瞬間でもあった。



0
  • しおりをはさむ
  • 4634
  • 5274
/ 406ページ
このページを編集する