ナマケモノに夜《完》

第2話 手にとるように死ね /誰からも慰められないステーキ





遠山が佳織先輩と別れたのは、夏休みの中盤頃だった。




外で鳴く蝉の鳴き声が夢の中まで響いて眠れない俺は、ジャージの半ズボンだけを履いて、布団の上で何度も寝返りを打っていた。



あづい。
暑い。
あづい。



アイツ等もうちょっとで死ぬからって、他人の睡眠時間を全力で削るこたぁないのに。


しかも今日は親父の仕事を2度程手伝い、疲れているのに。俺はそれから30分程寝苦しさを体感していた。



その後、ようやく睡魔が襲ってきていよいよ眠れるな、と確信し始めた時である。


遠山クソ野郎から着信がきたのは。




《めーちゃん、佳織野郎が浮気したぜ》


あっけらかんとした声だった。


俺は携帯に耳をあずけたまま、机の上に置いてある目覚まし時計を見た。でもよく見えない。


次は携帯で時間を見る。




「おい、今の時間は何時だ。言ってみろ遠山くん」

《2時46分です。はい》

「親しき中にも礼儀というものがあってだね、君」

《それが小学校からの親友にいうセリフか!白状もの、神経質!佳織先輩にふられたんだぞ俺は!しかもつい15分前ラブホで!ヤッタすぐ後に「ごめん別れて」って!》




「神経質」ではなく「無神経」と言いたかったんだろうが突っ込むのも面倒だ。つうか、ヤッた直後に電話かけてくんな。


0
  • しおりをはさむ
  • 1173
  • 5208
/ 264ページ
このページを編集する