『彼女No.99』[完]

彼女No.99&彼氏No.01 /君を好きになったワケ*光

「すっ、鈴ちゃんって青井鈴ちゃん?!」

「そう」

「やだっ、もう勘弁してよっっ!!」


俺の前で目を見開きながらもうな垂れるのは母さん。


「青井さんとは親密にさせてもらってるのよ!合わす顔が無いじゃないっ」

「本気だから大丈夫だって」


そう言っても母さんは全然聞いてない。

0
  • しおりをはさむ
  • 3215
  • 1623
/ 414ページ
このページを編集する