『彼女No.99』[完]

彼女No.99&彼氏No.01 /無邪気な笑顔の行方*鈴

「ひっ、光君って皆本光君?!」

「そう」

「やだっ、もう上出来っっ!!」


私の前で歓喜するのはお母さん。


親子の好みは似るのかはわからないけど、お母さんは光君の顔が大好き。

高校では運動会も参観日も保護者の参加はないけど、小学校や中学校の時、光君を見つけては興奮してた。



「随分男前になってるんでしょうねぇ」


うっとりするお母さんは、


「2週間だけとは言わず、ずっと付き合って欲しいわぁ」


光君の噂を知っていて、2週間で別れるんだと決め付けてる。

0
  • しおりをはさむ
  • 3212
  • 1616
/ 414ページ
このページを編集する