坊ちゃま、ホットミルクは如何でしょうか。∼Spring∼【完/修正中】

藤堂 千笑
青春・友情 379ページ(完結) 131353字 更新日 2019/08/04 読者 35236人 公開 0 0







「ずっと一生に居ような!」



それは、愛の言葉などではなく
ただの呪縛でございます。





「俺、アンコ無しでは、生きてけねぇわ!」 
「さようでございますか。では、とっとと死んでください。」 
「何で!?」





坊ちゃま。
ホットミルクは、
如何でしょうか。





これは、恋のお話ではなく
坊ちゃまと、私使用人と、坊ちゃまのご友人の
騒がしい日々を描いたお話でございます。







職業や言語について
殆ど知識がない状態での執筆となります。
丁寧語・謙譲語・尊敬語が混ざっているようでしたら
【優しく】教えてください。
批判、中傷などはお控えくださいませ。






Twitter←良ければ覗いてみてください♡


しおりが、1000入ったら『Summer編』に入らせていただきます(๑•᎑•๑)暫しお待ちを…。










  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 429
  • 1032
このページを編集する