束縛してあげる【完】番外編はじめました。





互いに荒くなっていく息。熱を帯びてくる身体。

「はぁ…ん…やばい、もう、余裕…ない」

「んんっ…あああっん」

何度目かわからないほど肌を重る。
今まで以上に幸せを感じ、そのまま眠りについた。










0
  • しおりをはさむ
  • 570
  • 269
/ 301ページ
このページを編集する