束縛してあげる【完】番外編はじめました。

4章 /孝太の店

と言い残し、課長は逃げて行った。
そして千佐都ちゃんは行きたいオーラをバンバン出しているので仕方なく電話をする。

「もしもし」

≪おう、千尋か。珍しいな、電話なんて。
どうした?拓也となんかあたのか?≫

「違います。今回はお客としての電話。」

≪なーんだ≫

何を期待していたのよ。
電話の向こうでつまらなさそうにしている孝太。何なんだよ。

「あのさ、今からそこの店の別部屋?みたいなところで飲み会できる?」

≪今からか?誰と?≫

「会社の人たち」

≪うーん。
まあ、千尋のだからいっか。いいぞ。貸し切りだ≫

「え?なんで?」

≪だって、もう営業終わったもん≫

「じゃあ、別のところにするよ」

≪いいって。お前に聞きたいこといっぱいあるし≫

「…じゃあ、お言葉に甘えます」

≪おう、来い来い。待ってるわ≫

「先輩、先輩!孝太さんいいって?」

「うん、貸切だって」

「うそ!じゃあみんなに知らせてきます!」


0
  • しおりをはさむ
  • 571
  • 269
/ 301ページ
このページを編集する