束縛してあげる【完】番外編はじめました。

番外編 /拓也side

こんなに誰かに執着するなんて思ってなかった。


こんなに好きになったのはいつからだろう。


そんなの自分がちゃんと知っている。


あの瞬間に君に惚れたんだ。


君はきっと覚えていないだろう。


これは俺だけが知っている秘密の話。

0
  • しおりをはさむ
  • 571
  • 269
/ 301ページ
このページを編集する