束縛してあげる【完】番外編はじめました。

2章 /ペット


「どれにする?」

大きなテレビの下にある引き出しを開けながらきいてくる。


「別にどれでもいい。」

「うーん。そう言われると難しい」


だって何があるか分からないし・・・。


「拓也の好きなものでいいよ?」

「・・・!!!」

「ぇ?な、なに?」


いきなり目を見開き、じっとこちらを見つめる。


「初めて俺の名前呼んでくれた!!」

そうだっけ??

でも言われてみれば・・・そのような。

0
  • しおりをはさむ
  • 568
  • 269
/ 301ページ
このページを編集する