束縛してあげる【完】番外編はじめました。

「…千尋?」

「……のくせに」

「ん?」

「あたしのことなんて遊びのくせに‼︎
なんでそんなこと言うの?どうせペットなんでしょ?だからあんなこと言ったんでしょ?
それなのに今更なんなの!?」

あー。
なんであたし泣いてんだろ。
何でこんな目立つことしてるんだろ。

さっきまで口を出していた桜達も、今は口を閉じている。


「俺がいつ千尋のこと遊びなんていった?
いつペットって言った?」

似たような事言ったじゃん。

「はぁ。
あの、さっきはすみません。ちょっとこいつのこと借りますね。」

「…………はい」

後ろから、少しあけて桜が返事をした。

0
  • しおりをはさむ
  • 570
  • 269
/ 301ページ
このページを編集する