束縛してあげる【完】番外編はじめました。

3章 /危険な忠告

あれから二週間。
週3のペースでしか家に帰れないのは、やっぱり奴のせいだ。
仕事がおわり、会社を出ると必ずと言ってもいいほど拓也がいる。

「ねぇ、来ないでって言ってるじゃん!
それに、行かないから!」

「って、毎日言ってるよね。ほかの台詞ないの?」

むっかー。
それも毎日聞いてるわ!

あれから奴の縛り付けは一つ…いや、三つくらい激しくなった。
拓也の私物しかなかった家にはどんどんあたしのものが増えいく。
これじゃあ、あたしが拓也の家に押し掛けているみたいじゃん!
本当は無理矢理押し込まれているだけなのに。

「今日は何処かに食べに行こうか。」

「…………おごりなら」

「あたりまえ」

0
  • しおりをはさむ
  • 571
  • 269
/ 301ページ
このページを編集する