城 3 <現在修正中>

エピソード6 団結

 男からの兄弟に関する話が終わると、『城』取調室は重い沈黙が流れた。


 城主は深く長い溜息をついた。



 「そういう事でしたか・・・・・・」




 音楽アーティスト『グループリーダー』の海里は小さく微笑みを浮かべた。


 「やはり〜今の僕の話でお気づきになられましたか。」



 「貴方方が、どうして『復讐者』に転じたのか感情的には理解できます。

 でもーーー同時に愚かだとも思います。」



 城主は迷いのない瞳でハッキリと言った。



 「そうですね・・・・やめるべきだったかも知れません。

 でも出来ませんでした。」


 海里は、城主の瞳を見つめながら静かに答えた。




 「弟から『告白』を聞き続けた僕はーーーー

 話の中に次第にいいしれぬ何か不吉な影・・・が次第に濃厚に立ち上って行く様にぞ~~っとしました。

0
  • しおりをはさむ
  • 22
  • 13
/ 42ページ
このページを編集する