Songs -episode 1-

眩惑 /健太と貴宏

*


逃げちゃった―――――――…。



さっきまでのanniversaryでの騒がしさとは真反対な、

冷たく静まり返った私の部屋。




私は結局貴宏と向き合わず、梨奈を言い訳に逃げた。






――――――――――― プルルルルルルルルル


着信を知らせる音すら冷たく感じる。




まだポッケに入ったままの携帯を慌てる事もなく取り出して、
相手を確認する。



一瞬躊躇いながらも電話を取った。




「お前今どこ??もう帰った??」

いつも通りの健太の声に安心を隠せず涙が込み上げる。





「うん。……ごめん、健太。



私、逃げた。」






0
  • しおりをはさむ
  • 6
  • 1
/ 592ページ
このページを編集する