Songs -episode 1-

偽り

―――――――――――――― ピンポーン


ーーー……マジ?!


約束の19時には1時間も早い。


「ちょっと‼︎早過ぎだって、、、、」


慌てて玄関の扉を開く私の前に立っていたのは



「……え?なんで……??さくちゃん、、、」


だんだん声が震え出して掠れて。
私は目の前に立つ人にそれ以上の言葉が見つからない。



だって全く予想もしてなかった上に、拍子抜けするくらい
<普通>だったから。


「誰と間違えてんだよ‼︎またオトコでも連れ込もうとしてたんか⁈」

って本当に普通に笑ってたから。

仕事帰りって一目で分かる作業着姿で。




もう1ヶ月以上も見ることのなかった姿。



「電話掛けたけど出ねぇから直接来てやった。」

ってあの頃みたいに得意気に言う咲人に



「ごめん。ご飯作ってて気付かんかった。」

って未だに呆気に取られてて浮つく返事しか出来ない。


私は目も合わせられないでいる。




  • しおりをはさむ
  • 6
  • 1
/ 592ページ
このページを編集する