嘘を吐くより、罪なこと

高坂 茉白
恋愛 332ページ(完結) 114505字 更新日 2019/04/16 読者 21636人 公開 0 0
第18回ビーンズ小説大賞




その冷たい唇に 触れた瞬間






もう 後戻りは出来なくなった。






繊細な指使いで 私の弱さを絡めとって






貴方は 冷酷に笑う。






『嘘を吐くより、罪なこと』






  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 71
  • 36
このページを編集する