勿忘草─動乱の世に散り行く華─【上】【完】

佐助
歴史・時代 346ページ(完結) 167657字 更新日 2013/08/28 読者 14444人 公開 0 0







※史実を基にしたフィクションです
都合上、史実とはズレてしまう事など御座います。
また方言などの間違い等あるかもしれません…

※レビュー.イイネ感謝です!
※表紙変更しました。
ご迷惑を御掛けします…


  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 30
  • 2
このページを編集する

あらすじ

新選組…そう呼ばれた男たちの生きざまが来世に生まれ来る方たちの記憶の端に少しでも残る事を願って─。今ここに綴ります。[検索タグ]幕末/土方/悲恋/沖田/純愛

著者プロフィール

嫌な女も好きな女もあり、

その好きな女にも嫌なところがあって、

その興味を持っている全ての女の中で、

一番あなたが好きだと云われてこそ、

あなたは本当に愛されているんじゃありませんか?



-夏目漱石の名言より抜粋-

http://s.maho.jp/homepage/06107bb1d052ba1c/

この作品のレビュー

ありですか?

まず、一区切りとして完結おめでと うございます! ただ一言…続きを読む

投稿日時 2013-07-21 00:03

rika

えー不意打ち

イイネ!だけじゃ足りず、レビューも させていただきます。 …続きを読む

投稿日時 2013-07-08 19:57

yume
  • レビューを書く
  • レビューを見る