勿忘草─動乱の世に散り行く華─【下】

佐助
歴史・時代 93ページ(完結) 49021字 更新日 2013/11/04 読者 3917人 公開 0 0




※史実を基にしたフィクションです
都合上、史実とはズレてしまう事など御座います。
また方言などの間違い等あるかもしれません…
上の続きとなります
※レビューイイネ感謝ですっ
※随時修正や変更行います
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 6
  • 2
このページを編集する

あらすじ

ねぇ…トシさん。貴方が望むものがそこにあるのなら私は言えないよ…生きてだなんて…[検索タグ]幕末/土方/悲恋/沖田/純愛

著者プロフィール

嫌な女も好きな女もあり、

その好きな女にも嫌なところがあって、

その興味を持っている全ての女の中で、

一番あなたが好きだと云われてこそ、

あなたは本当に愛されているんじゃありませんか?



-夏目漱石の名言より抜粋-

http://s.maho.jp/homepage/06107bb1d052ba1c/

この作品のレビュー

(^_^)

みさおの恋がこれからどうなる のかと楽しみです♪ 更新が待ち…続きを読む

投稿日時 2013-07-29 01:34

夕凪
  • レビューを書く
  • レビューを見る