救ってくれたのは、君でした。

める
恋愛 3ページ(連載中) 614字 更新日 2015/10/04 読者 65人 公開 0 0


「お前、何してんの?頭、大丈夫?」


「は?」


高校の、屋上。

自殺を図ろうとしていた私を
止めた(?)のは、同じクラスの一人の男子。


そこから、私たち二人の
秘密の物語が始まる。

  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 1
  • 1
このページを編集する