ワケあり生徒会!【完】

第1章 /噂の転校生



頭が、痛い。


少し遅れて花粉症になったのかもしれない。

だって目がチカチカするもの。


そう思って、目頭を押さえてみる。

再び目を開いても、窓の外に見える風景はいっこうに変わらない。



「緊張しますか?」


その質問に、“少し”とだけ返事をする。


もう桜は散ってしまって、枝には青々とした葉っぱが茂っていた。


今日からこの三鷹高校に通うことになったのは、つい2週間ほど前の話。


聞けばこの学校が転校生を受け入れるのは『特例』なのだと言う。

だからこそ生徒達は興味を持ち、私を一目見ようと始業前に学校へ来ているのだとか。


…ちなみに普段は遅刻、サボリは当たり前らしい。

まぁ窓の外を見る限りは納得だ。

0
  • しおりをはさむ
  • 1609
  • 2942
/ 404ページ
このページを編集する