ワケあり生徒会!【完】

第3章 /朝目覚めれば

...寒い。

ここ最近寒くなってきているとは思っていたけれど。

本格的に寒い。



「うぅ...。学校行きたくない...」



嫌いなのだ。

嫌いというより、無理だ。

普通の生き物は冬眠する季節なのに。

その季節にスカートを履いて外に出ろ、なんて無理な注文だ。

そもそも布団から出られない。

外気に触れたくない。

もういいや、寝ちゃえー...。

と、目を閉じた瞬間に。


ピンポーン、と。


空気を読まずに鳴る玄関のチャイム。

...無理。

無理なのよ。

チャイムを鳴らされても寒いものは寒いの。



ピンポーン。

ピンポーン。

ピンポーン。

ピンポ、ピン、ピン、ピピピピピ...。



誰よ連打するの!

すごく五月蝿いんだけど!



「あぁもう!開けます!開けるから静かにして...っ」



ガバっと布団から出る。

出るけれど寒いから毛布を巻きつけたままで玄関のドアを開けた。

その向こうに立っていたのは、マフラーを巻いたリョウ。



「ちょっとリョウ!チャイム連打しないでよっ。五月蝿いんだからね!」


「はぁ!?迎えに来て待たされた挙句、なんで開口一番に怒られてんだ俺は!?」

0
  • しおりをはさむ
  • 1609
  • 2939
/ 404ページ
このページを編集する