君の瞳に囚われて(加筆・修正しながら更新中)

【第8章】 /竜の生贄

---
-----
-------
(side:フローラ)


・・・ピチャン


---水・・の音・・?


「様子はどうだ?」


「はい、息はしておりますので変わりありません」


「そうか・・・」


朦朧とする意識の中で、耳に届いたのは男達の話し声。


「このまま順調にいけば、三日後には儀式を行えそうだな」


「はい。魔法陣の方も、その頃には完成するかと・・」


「出来るだけ早く完成させろ。
俺はあの女と話をしてくるから、お前達は魔法陣の様子を見て来い」


「はい」


会話をしながら、コツコツと数人の足音が遠ざかって行く。

0
  • しおりをはさむ
  • 276
  • 5847
/ 356ページ
このページを編集する