君の瞳に囚われて(加筆・修正しながら更新中)



<風の精霊よ 我が身を守る風の障壁となれ>


ゴゴゴゴゴォーーーー



大地を揺らすほどの風が轟音と共に巻き起こり、自分と炎の間に壁ができる。


「大丈夫・・・じゃないわね」


頭上から掛けられた声にハッとして、迫ってくる炎へ向けていた意識を戻す。

ふわりと舞い降りて目の前に現れたのは、自分と同じくらいの少女だった。


「動けそうにないから、このまま移動するよ」


そう言うと 俺の首の後ろに腕を回して固定する。

ちょっと待て! と言いたいけれど、背中を強打したせいか声が出なかった。


「何か言いたそうだけど話は後ね。グズグズしてたら丸焦げになっちゃう」


苦笑いしながら首に回した腕と反対の掌を地面にそっとおく。


<大地の精霊よ 異界の扉を開き 我らを導きたまえ>


ズズッ・・・と地面に亀裂が入ると、そこから眩いばかりの光が現れ、自分と少女の周りを囲み始めたところで俺の意識は途絶えた・・・

0
  • しおりをはさむ
  • 276
  • 5810
/ 356ページ
このページを編集する