Keep Out

赤の千羽鶴
ポエム・絵本 0ページ(完結) 0字 更新日 2014/10/06 読者 70人 公開 0 0

狂いそうになる歯車を
無理矢理つなぐには飽きたんだ
壊れてしまうなら所詮はその程度ってことだろ?
面白くもないこの世界に
意味なんかあるわけないだろ
あるはずもないものを探して何になる?

瞳を 心を 閉じる 鎖す
天岩戸に引き篭り
何も見ないように眠りに落ちる

狂ってしまった時計の針は
誰の時とも重ならない
他人との間に引いた境界線は
絶対不可侵の領域

Keep Out
誰とも繋がらない掌を奈落の底で見つめる
狸寝入りをしたまま扉を叩く音に耳を塞ぐ
何も見えない 何も知らない
そんな言い訳をもう何回したんだろう?
Keep Out
最初から存在しない絆を繋ぐなんてできない
鎖した心に声なんて聞こえない
独りまた眠りに落ちる
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 2
このページを編集する