怨嗟

赤の千羽鶴
ポエム・絵本 0ページ(完結) 0字 更新日 2014/11/25 読者 32人 公開 0 0

ちっぽけな僕らは世界に抗う術を持たない
だから、せめて願うんだ

どうしようもない絶望感に苛まれる
後悔だけが心を埋める
蝕むような罪悪感
マイナススパイラル 負の感情連鎖
嘘で塗られたなハリボテ世界に呪いをかける
「どうか明日は滅びますように」
噎せ返るような孤独感
Fall a Hell だから消え失せてくれ

誰も彼もが笑っていられるなんて
そんなのはただの綺麗事
泣き寝入りするしかない僕らの立場は
一体どうなるっていうんだい?

ちっぽけな僕らは世界に抗う術を持たない
だから、せめて恨み言を言わせておくれ
みんなが幸せなんてそんなの幻想だよ
不幸せを当たり前のように享受する僕らに
どうか世界を呪わせておくれ
「消えてしまえ、何もかも」
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 2
このページを編集する